MENU

違いは分かる?副業とWワークの違いと税金について

ハッシュタグキャンペーン「#会津でカンパイ」

「昼と夜でダブルワークしてます」という話を耳にしたことはありますか?
副業と比べられるWワーク(ダブルワーク)、それぞれの意味の違いや税金面について紹介します。
掛け持ちをされている方は、自分は副業、Wワークのどちらなのか見て頂けると幸いです。

副業とは?

副業とは、漢字から分かるように本業(正社員)をしていて、その他に収入を得ている仕事をしている場合、その仕事を副業と言います。

例えば、「平日(もしくは日中)は会社に勤めていて、休日(もしくは夜)はスナックで働いている」という場合、会社勤めが本業でスナックは副業となります。

確定申告はどうなるの?

副業で年間(1月1日〜12月31日)20万円以上の収入がある場合、確定申告をしなければいけません
また、二ヶ所以上から「給与」をもらっている場合も確定申告が必要になります。

上記はあくまで基本的なケースです。他にも所得の金額や扶養など、様々なケースによって確定申告をする必要があるかどうかが変わりますのでご自身の環境を確認して下さい。

副業を禁止している会社もあるので副業を始める際はきちんと会社に確認を取りましょう。

Wワークとは?

最近よく聞くのが「Wワーク」です。正社員で働きながら他でも働く副業に対して、アルバイトやパートなど正社員ではない仕事を掛け持ちして働くことをWワークと言います。

年末調整や確定申告について

副業の場合は年間20万円以上の収入がある方が課税対象ですが、Wワークの場合、掛け持ちしている仕事の年間合計収入が103万円以上となった場合に課税対象となります。

年間合計収入が103万円を超えると扶養から外れないといけないので仕事量にも気をつけましょう。

Wワークの場合、それぞれの勤務先から年末調整の書類を配布されますが、年末調整は一つの勤務先でしか出来ません
基本的には収入が多い方の勤務先を本業とし、もう一方の勤務先を副業として年末調整をします。

まとめ

夜の仕事をされている方の多くは副業やWワークとして働いている方が多いです。
確定申告や年末調整など難しいことはありますが、まずは身近で使われる言葉の意味から吸収していくと少しずつ慣れていきます。

今後も会津夜ナビではキャリアとしてナイトワークについて取り上げていきます。