MENU

イマドキ若者はInstagramを使って飲食店を探す

ハッシュタグキャンペーン「#会津でカンパイ」

飲食店を探す時、どのような方法で調べていますか?

Googleで「会津若松 居酒屋」のように地域名やキーワードを入れて検索する方法は今でも主流です。

また、食べログやRettyなどのグルメサイトを使ってレビューやクチコミを参考にお店を決める方法もあります。

しかし、イマドキの若者はお店探しにInstagramを使用します。

では、Instagramをどのように使ってお店を探すのか?
その方法をまとめました。

  1. ハッシュタグ「#○○(地名)グルメ」などで調べる
  2. ハッシュタグ一覧からリサーチ
  3. 投稿からお店の情報や評価を収集

Instagramで検索する際にポイントになるのがハッシュタグです。

もちろん「#居酒屋」などの単独キーワードのハッシュタグを検索しても問題ありませんが、エリアが広くなってしまって絞り込むのが大変です。

上の画像は、Instagramで「#会津(地域名)」のハッシュタグ検索を行った時の投稿一覧です。
一覧の中からピンと来た写真を見つけ、その投稿から位置情報などお店の情報を探します

この流れが今回のInstagramを使ったお店の探し方です。

投稿数などにも限りがあるローカルの情報ではエリアのハッシュタグで調べるのが手っ取り早いです。

お店の名前やオススメのハッシュタグなどの情報がない場合、上記の流れで調べてみてください。

次に「位置情報」についても触れておきます。

位置情報とは?

上の画像は会津夜ナビがInstagramに投稿した画像です。
画像上部の白い部分には、ロゴやアカウント名(aizu_nightnavi)などが表示されています。
よく見てみるとアカウント名の下には「Regalia ~レガリア~」と表示されているのが分かります。

この「Regalia ~レガリア~」が位置情報です。

位置情報はFacebookページに紐づけられている為、位置情報をタップするとマップやそのスポットにタグ付けられた投稿も表示されます。

つまり、お店の位置情報だけでなく、周りのユーザーが投稿した写真から雰囲気やメニューが分かります

なぜInstagramで検索するのか?

普段使い慣れているGoogleではダメなの?と思う方は多いでしょう。

しかし、若者がInstagramで検索するのにはちゃんとした訳があります。

  1. 写真や動画で視覚的に分かる
  2. ユーザーの声が一番信用に値する

お店のホームページや口コミサイトの評価も大事です。

しかし、若者にとって一番大切なのは「リアリティ」。

溢れるほどの情報が飛び交う今日、Googleの検索結果に表示される情報の中にはYESとは言えない情報も多くなっています。

若者はそういった状況を既に察知しています。
つまり、広告のような情報や胡散臭い情報は響きません。

業者やお店目線の情報ではなく、”周りの人たちがどう思っているのか”という情報が求められます。

Instagramを使った検索方法は飲食店に限らず、様々なジャンルで応用できます。
ぜひ、Instagramを使っている方は試してみてください。